第3世代デジタル接地装置
地面への埋設なしで
完璧な雷防護

 主な機能

  • 米国特許:地面に埋設する必要のない接地装置
  • 接地+SPD+統合雷防護による多機能&マルチカバレッジ
  • 電子システム、通信-ITシステム、計測管理システム、放送システム、レーダーシステム、PLC、CCTV監視システムなどのための統合サージ防護
  • 電力線、通信線、接地線の誘導サージを除去
  • 水道管、ガス管、導電性構造物の誘導サージを除去
  • 接地/接地システム(GPR:大地電位上昇)の誘導サージ、SPDのエネルギー変換によって放出される2次サージの誘導サージを除去
  • 接地機能とサージ防護機能を両立
  • 共用接地及び等電位のシステムを提供
  • 多重雷対応システム(特許) - 地球温暖化に対応
  • 地面に埋設する必要のない接地装置 - 簡単かつ迅速に取り付け・移設可能
  • 島嶼、岩場、丘陵地、高地などの接地に不向きな環境にも対応
  • 軍の車両、政府移動通信車両、RFテスト車両など、移動式車両のサージ防護

統合された完璧な雷サージ防護

  • 以下のような環境下でお使いいただけます

  • さまざまな種類、多数の避雷針
  • 非常に低い接地抵抗
  • 多数のサージ防護装置(SPD)
    (各SPDが異なる特性を持つため、SPDは接地接続されている必要がある)
  • さまざまなシステムや機器を以下のようなものから防護することはできません!
  • 雷サージから
  • 誘導雷サージから
  • 逆起サージから
  • 鉄鋼構造物、その他導電性構造物からのサージから
  • 電力線、データ線のサージ除去
  • 鉄鋼構造物からの誘導雷サージ除去
  • 全てのサージから全ての装置を防護するため、各機器を等電位に接地
  • 誘導雷サージ、逆起サージからの防護
  • 米国特許取得:eca3Gのみで良好な接地を得られます。

 : エカスリージー

  • エネルギー変換装置の第3世代
  • 米国特許:地面に埋設する必要のない接地装置
  • 接地機能をもつ統合サージ防護
  • 統合された完璧なサージ防護として、電力線、データ線、各種機器、鉄鋼構造物、接地箇所周囲の導電性部品などをあらゆるサージから防護する
  • 1台の につき最大20接続可能
  • はサージを検出することができ、サージエネルギー変換、中和し、そして電力線・データ線・外部導電性部品(水道管及びガス管、鉄鋼構造物など)からシステムに侵入し得るサージを除去します。
  • は、サージの電気的特性をアーク、熱に変換する機能、中和する機能、そしてサージ除去機能を備えています。
  • は防護ゾーン内のすべての機器と導電部に対し等電位環境を作り、接地抵抗も改善します。
  • は最大20個(LMモデル)を接続できる統合的なサージ防護をご提供します。

 構成ユニット

 内部構成ユニット

  • eca3G
  • 外部ブロック
  • 内部ブロック
  • 検出/安全/サージ除去ユニット
  • モジュール-エネルギー変換/サージ放電/中和
  • 多重雷対応ユニット
  • デジタル解析&制御ユニット

 の構成装置

  • ① 電力品質アナライザ装置
    この装置はAC主電源に並列に接続され、入力電力の電圧と波形を分析します。この装置は、異常な給電(雷サージ電流など)が検出されたときにエネルギー変換装置を起動します
  • ② サージ防護装置
    この装置は、電力品質アナライザ装置で検出されたサージ及びノイズを熱変換装置、中和装置、及びサージ放電装置にバイパスさせ、サージを遮断し、ノイズが防護システムに移るのを防ぎます。
  • ③ サージ放電装置
    この装置は、サージ防護装置によりバイパスされなかった電気アークによる雷サージからの高電圧インパルスを放電し、高電圧インパルスを放電エネルギーに変換し、電子機器を損傷する可能性のある電気エネルギー及び電気的特性を除去します。
  • ④ 中和装置
    この装置は、サージ防護装置によりバイパスされなかった雷サージからの異常な高インパルス電気の陽電子または陰電子を中和し、電子の相互放電の物理的特性を利用して雷サージやノイズを完全に除去します。
  • ⑤ エネルギー変換装置
    この装置は、サージ防護装置によりバイパスされなかった雷サージからの異常な高インパルス電流電気エネルギーを、㎲(マイクロ秒)の変換速度で熱エネルギーに変換し、熱変換触媒と高エネルギー変換ユニットを使用して、雷サージによる高インパルス電流の電気的特性を完全に除去します。
  • ⑥ 接地導体装置(MGB)
    この装置は、エネルギー変換装置(サージ放電装置、中和装置、熱変換装置)と共に使用することで、防護システムのための接地導体に、異常電気エネルギーを熱エネルギー、アーク放電エネルギーに変換し、中和することができます。電力線からではなく、接地、外部電力線、データ線などから発生する異常な電力に対応しています。

 の機能フロー

Quick
Menu