総合雷防護ソリューション

先進的なネットワーク化された電子ITシステムのためのソリューション

1999年以来、(株)グラウンドは100%完璧な総合雷防護ソリューションを追求し、ご提供してきました。これまで、主にさまざまな国家安全保障施設に対し、18年間にわたり99.88%の防護率という顕著な成功を収めてまいりました。
信頼できる防護技術に加えて、お客様にさらにご満足いただけるよう、製造物責任保険にも加入しております。

雷防護環境が以下のように変化するにつれ、雷防護の概念も変化を遂げています

▶ 大多数の電子通信データシステムがネットワークにより連結されています。

▶ ICチップは、非常に薄くサージの侵入に対して脆弱な内部回路が高レベルで集積化されてつくられているうえ、外部からはどの短縮回路がダメージを負ったのかを見分けることができません。さらに現在、ICチップを多く搭載した自動操作システムが使われるようになっているため、雷サージの侵入は、従前よりも大きな問題となっています。

▶ 地球温暖化により雷が増加しています。特に、通常のサージ防護装置では防護しきれない(単純な単一の雷ではない)多重雷が発生するようになっています。

▶ 近辺に直接落雷した雷が、外部や建物・装置から離れた場所にあるシステムに、GPR効果(大地電位上昇)により影響を与えることがあります。

これまでにさまざまなSPD・低接地抵抗・避雷器を試してみたけれど満足できなかった、と感じていらっしゃるお客様に、究極の総合雷防護ソリューションをご提供します。

弊社の成果
もっと見る
  • レーダーステーション
  • 中継放送装置
  • 軍事通信システム
  • CCTV
    監視システム
  • 999-C4 i センター
  • 気象ステーション
  • 移動式RFシェルター
  • 水道事業所制御室
  • 岩がち・
    丘がちな島の
    BST