: エカスリージー

 (エカスリージー)は:

- エネルギー変換装置の第3世代

- 米国特許:地面に埋設する必要のない接地装置(米国特許第7652865 B2)

- 接地、等電位素子による総合的な統合サージ防護ソリューション

- 接地+SPD+統合ゾーン防護による多機能&マルチカバレッジ

操作環境の変化による電子システムの被害の増大

- 多発的な雷の増加、地球温暖化による多重雷の発生

- 先進的なシステムは、自動化や機能統合のためにますます多くのICチップを使用

- ICチップの集積度が高い→外部サージへの耐性が低い

- さまざまなケーブルに接続されているネットワークシステム

- 原因不明な電子機器の不具合のうち、88.3%はサージにより発生

 は、なぜあらゆるタイプのサージ防護デバイスを全て取り付けてもなお電子デジタルシステムに損傷が発生するのか、というお客様の疑問を解決するソリューションです。多数の接地棒を取り付けなくとも、機器に必要な非常に低い接地抵抗を確保できるため、電子装置、通信、情報通信、オートメーション、ネットワーク、遠隔監視システム、データセンター、報道&レーダーシステムや、移動式シェルターシステムを含むその他のさまざまな用途にご利用できます。

▶ 電力線、データ回線に侵入するサージを除去

▶ 鉄鋼構造物からの誘導雷サージを除去

▶ すべての機器をサージから防護するために、各機器を等電位に接地してください。

▶ 誘導雷サージ、逆起サージからの防護

▶ 米国特許第7,652,865 B2 - 地面に埋設する必要のない接地装置
 

優秀な雷防護実績

4,000か所以上において、18年間で99.88%の防護率を達成」

(18年間の営業実績の中、99.88%の防護成功率を達成)

0.12% 3か所において接地後にもサージによる損傷が継続しましたが、隔離接地を共用接地に変更しなかったためと見られます。発生した損害に対してはPL保険が適用され、その後これらの問題点は回復されました。

Quick
Menu